読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

PASMO定期を紛失したけど再発行してもらえた

私とオットは役割分担ができていて、オットがボケで、私が突っ込み。オットのボケエピソードは数えきれず、そのたびにおいおいと突っ込むのが私。

 

ラーメン屋のカウンターでラーメンを食べて店を出て、のんびり信号を渡っていたら「お客さん、お財布わすれてますよー!」と店員さんが追いかけてきてくれた。それまでお財布を忘れてきた事などまったく気がつかず。

 

地下鉄の網棚にリュックをのせて、すっかり忘れて地下鉄を降り、駅を出るところでハッと気がついた。捜索してもらい、リュックはそのまんまみつかった。

 

旅行中に滞在していたマンションの部屋の鍵を紛失。お気楽なオットもさすがにこれはまずいと焦る。どこで落としたのだろうと記憶を辿り、すべて電話で問い合わせても見当たらない。ねえもしかして、とひらめいた私が、ドアノブの鍵穴(外)にささったままだったのを発見。

 

 

 

この手のうっかり忘れエピソードは昔からだったようで、加齢とは無関係、もはや個性。今回は、定期を落としちゃった、とのこと。

本人曰く、ジャケットを変えたらポケットの位置がいつものと違ったからだ、と。

 

 

なんでそうなの!?

お金を落としたのといっしょ。

捨てても良いお金などない!

 

 

落としちゃった、で、そのまま生活しているオット。子どもとコンビニにアイスを買いに行ってくる〜と能天気すぎ。

 

探しまくれよ!まったくもう、と思いながらインターネットで「PASMO 紛失」と検索。

 

なんとまあ。再発行できるのです。

www.pasmo.co.jp

 

ひとまず、すぐに近くの駅へ行って「紛失した」ことを訴える。その際には免許証などの公的証明書を持っていく事。そうするともろもろ手続きをしてくれ、手数料はかかるけれど定期を再発行してくれるようです。

 

紛失したPASMOは、再発行を申し込んだ時点で使えなくなるそうです。どこかで拾った誰かさんがしらーんかおでPASMOを使うことができなくなるわけです。

 

オットは翌日には再発行してもらった定期を手にして喜んでいました。

母の日、たしかに歩数も少なかった

子どもからの母の日プレゼントは、幼稚園でこっそり作り続けた、絞り染めのハンカチ。とても上手に染められていてびっくり。

 

もうそれで十分だったので、日曜日は子どもを習い事に送り迎えすることばかり考えていて、母の日当日だということをすっかり忘れていました。

 

 

 

習い事の帰り。きれいなデニーズを見つけたので、娘と二人、ちょっと飲み物休憩しようか〜ということで入ってみたら、赤ちゃんをつれたパパ、子どもを連れたパパがいて、おや?と。ああそうか、もしかして、母の日だからパパが子どもを連れ出してママを休ませてあげているのか、と。

 

我が家の場合、習い事のあと「今日はパパとプールにいくんだ」と娘はパパと二人でお出かけしてしまいました。私は自分の母親のところへいってのんびり。

 

夕食はどうしようかなあ?何を作ろうかなあ?と思い始めた頃にオットからメールが来て、「夕食は買ってかえるから」と。

 

子どもは帰宅してすぐに自分の部屋にさーーーーーっと何かを隠しにいき、夕食のタイミングで自分の部屋にさーーーーっと行って、何やらかさこそ持ってきて、「いつもありがとう」と花束を渡してくれました。

 

f:id:chiyokom:20170515110331j:image

 

買い物にも行かず、子どもの習い事は一往復だけで、夕食も作らず、なんだかいつもより楽した気が。 夜になってiPhoneの歩数データを見てみたら、確かにあまり歩いていなかった! 

 

 

 

f:id:chiyokom:20170515110422j:image

 

 

iPhoneの万歩計データだと、私の歩数はだいたい12,000歩くらいで、15,000歩のことも時々ある。家の中ではiPhoneを持ち歩かないから家事労働でもう少し歩き回っているはずで、運動するヒマなんかないけど、子育てしていると一万歩くらいすぐ歩いちゃうものだなあ、と思っていたら、母の日は5,723歩だもの。約半分。

 

母の日って素敵なのね。

 

忘れずに父の日にオットを楽させてあげなくては。

春休みが終わったと思ったら4月ももうすぐ終わり

幼稚園の春休みが終わり、新学期がはじまったと思ったら、もう4月が終わるではありませんか。

 

春休みは子どもを多いに遊ばせたり、自然と触れ合わせたり、知識欲を満たすように努めて充実のうちに終了。新学期は新しいクラスや先生との生活に喜びに満ちている子どもの芽を伸ばすべく奮闘。そしたら5月が目前で、ブログの更新がついつい・・・。

 

絵本もたくさん読んでいるので、読書日記の記事を書きたくてたまらないのですが、案外手間ひまかかるので、なかなか書けず・・・。

 

子どもが親とぴったりしている時期なんて、10年もないですよ、もう、その半分が過ぎましたよ。子どもがぴったりくっついてくれている今のうちは、子どもにぴったり寄り添って過ごすのは、いいと思いますよ。と、ある時、教育者に言われて、そうだわねえ、と。

 

f:id:chiyokom:20170427151604j:image

脈絡ないけど、このあいだ食べにいったお寿司。