こそあど記録中

小学生の子を持つお母さんで音大生。育児、教育、ピアノのことなど。

平成最後の・・・

今週は、平成最後が続いています。

私の音大での平成最後のピアノレッスンが終わり。

娘の習い事も続々と平成最後の授業やレッスンが終わっています。

 

「次のレッスンでは令和だね」と言われて、子供は無邪気にはしゃいでいますが、私は妙に歴史を生き抜いてきた感あり。

 

昭和から平成への代替わりも経験している身。昭和から平成への時と比べると、前向きな心の準備ができているのかも。あの頃は若すぎてよくわかってなかったというのもあるけど。「令和だー!」という気合は入っていないつもりなのに、先週あたりから「片づけたい欲求」がふつふつわいてきて、いろんなものを捨てています。

 

たとえば空き箱。なんでこんな箱とっておいた!?と思える箱がごろごろ。デジカメを買ったときの箱、プリンターを買ったときの箱、ご丁寧に発泡スチロールまでそのまま、などなど。

それから靴。ほとんど履いていない靴、子供のサイズアウトした靴がごろごろ。

そして洋服。なんのコードだったのだ?と思えるほどのコード類もたくさん。

じゃんじゃん捨てています。平成最後の断捨離。最近は「こんまりする」と言うらしいですが。無意識の自分が「すっきりした状態で令和を迎えよう」と思っているのか?

 

そして我が家ではここへきて家電がぶつぶつと壊れちゃって、修理屋さんに来ていただいています。電気製品たちも「令和になってすぐ壊れるよりは」と気を使って、平成のうちに壊れてくれてるのかも。平成のうちに修理していただけそうです。

 

そして連休の予定をなにも立てずに今に至る・・・。

公園・図書館・デパート・コナン君の映画をもう一度見る、くらいしか思いついていませんが、流れに身を任せて10連休をおだやかに過ごそうと思います。