こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

読書

ひじき煮を、オリーブオイルで。

図書館で目に留まったレシピ本。 その名も、『オリーブオイル マジック』。 オリーブオイルといえばMOCO'Sキッチンのもこみちさんがパッと浮かぶわけですが、著者は河村みち子さんです。 ちょうど我が家にオリーブオイルが2本あって、「使わねば」と思って…

いまさらだけど『「学力」の経済学』

あっちゃこっちゃで取り上げられ、Amazonでもベストセラー1位だったり、レビューもたっぷりだったりで今更感が強いけど『「学力」の経済学』を読みました。 「学力」の経済学 作者: 中室牧子 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 20…

常備菜があれば時短なのに豊かな食卓になるんだなあ

作って冷蔵庫にストックしておけば ごはんに お弁当に すぐにおいしいおかず 109 図書館でふと目に留まって借りたレシピ本がとても役に立ち、我が家の食卓が少しずつ充実して参りました。 私の場合、とにかく時短料理でないと日々やっていけないので凝ったお…

謎の進学校、麻布に夢中です

我が子が男の子だったら、麻布を目指すように誘導したに違いありません。 そのくらいに、今、麻布に夢中です。 麻布とは、中高一貫の男子校で、男子御三家のひとつ。ちなみに御三家のあと2校は開成、武蔵です。東京大学への進学者数では50年以上もの間、全…

「コウノドリ」が面白いです

ドラマ「コウノドリ」だけは見ています。 我が家はほとんどテレビを見ない生活をしています。大人は子どもが寝たあとにニュースを見たりしますが、子どものテレビ視聴時間は、ほぼ0分です。たまに夕食の前にちょっとだけ天気予報を見るかな?くらい。 そん…

女の子は勉強で人生が変わるんだ!

女の子はそこそこでいい!? 私、大学受験にあたって父に言われたのです。女の子があまり頭が良すぎると、お嫁にいかれなくなるって。だから大学はそこそこのところでいい、短大でもいいくらいだ、って。正確に言うと、私に直接言ったのではなく、父が母に言…

ユダヤ式、天才の育て方

ユダヤ人ってどうして賢い人ばかりなのだろう? アインシュタイン、フロイト、マルクス、スピルバーグ・・・。検索するとたくさんのすごい人があがってきます。 きっと何かヒミツがあるに違いない。と思いまして、本を読んでみました。

モンテッソーリをもう少し。

最近モンテッソーリの本をもう1冊読みました。 これです。 モンテッソーリからモンテッソーリを超えて―生命に仕える教育 出版社/メーカー: 相川書房 発売日: 1996/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 以前に読んだモンテッソーリの本の中で紹…

7歳までは夢の中。シュタイナー教育のこと。

以前にモンテッソーリの本を読みました。 記事はこちら。 モンテッソーリを自分で。 - ワーキングマザーのスキマ時間活用ブログchiyokopen.hatenablog.com その流れで、シュタイナー教育にも興味があったので本も読んでみました。教育ママの通る道、ですかね…

お受験の世界ってね・・・

もともと教育が大好き分野であるため、子育てしていることで教育への興味が二乗三乗されてそれ系の本を読み続けています。 さかのぼれば私の教育への興味は小学生からで以後ずーっと教育と何らか関係した人生を送り続けているような気がします。 知り合いか…

フィンランドの教育はなにがどうすごいのか

フィンランドのイメージってなんかいい感じ フィンランドの教育はいいらしい、というイメージがありました。テレビで見た記憶がありますが、税金は高いけど教育にほとんどお金がかからない、そして学力が高い、すごい、と。 フィンランドという国の名前はよ…

モンテッソーリを自分で。

親心ってやつです できればわが子には賢い子に育ってほしい、何かしら才能があるのならその芽をつみとらず伸ばしてやりたい。経済的には限りがあるけれども、できる限り、子どもにとって最善の教育環境を与えたいなと。 教育ママの通る道 子どもの力を伸ばす…

親子でお受験を成功させる本

4月の1冊目。これは読みやすくて数日で読み終えました。 親子でお受験を成功させる本―塾なし、コネなし、保育園からでも合格できた! 作者: 加納美紀 出版社/メーカー: 主婦と生活社 発売日: 2007/10 メディア: 単行本 クリック: 18回 この商品を含むブログ…

手にとるように発達心理学がわかる本

このあいだ読み終わったので読書メモしておきます。 手にとるように発達心理学がわかる本 作者: 小野寺敦子 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2009/07/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 2人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (1件) を見る …

お母さんとして知っておくべきマナーって。

今日は夕方子どもと二人で桜の名所として有名な某神社を通りかかりました。出店の準備も整っていて、週末から桜祭り!桜はまだ3分咲きくらいでした。それでも人が多かったし、座って飲食を楽しんでいる人たちもいました。やっぱり桜の季節になるとそわそわ…

小学校受験セミナーへ行き、やる気充電してきた

セミナーは趣味でして 先日、某幼児教室開催の小学校受験セミナーへ行ってきました。受験セミナーへの参加はもはや趣味の領域。子どもが0歳のころからそういった本を読み始め、これはと思ったセミナーには足を運んでいます。学校説明会にも。今年は中学受験…

ルミネの動画を共学育ちか女子校育ちかに結びつけてみようかと

ルミネのCMが話題になってるらしいとは知っていましたが、あまり気にもしていなかったけど、はじめてブログでその内容がわかりました。 <a href="http://pokonan.hatenablog.com/entry/2015/03/20/000637" data-mce-href="http://pokonan.hatenablog.com/…

「中学校受験という選択」を考えてみる

通勤時間をつかって「中学受験という選択 (日経プレミアシリーズ)」という本を読みました。 うちの子は3歳。今後、受験については幼稚園受験、小学校受験、中学校受験、高校受験、大学受験いずれも可能性があります。 大学受験はさすがにかなり先だし、本人…

女子校育ちってこんな感じなのですか?!

最高に面白く、通勤時間にこれを読むのが楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。 その本とは、辛酸なめ子さんの「女子校育ち (ちくまプリマー新書)」。 女子校育ち (ちくまプリマー新書) 作者: 辛酸なめ子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2011/03/09 メ…

最高のオペラ本みつけた「オペラ・ギャラリー50」

あいかわらずオペラ「トスカ」が面白いわけですが、わかりやすい解説本はないものかと探し当てたのが、「オペラ・ギャラリー50」。 オペラ・ギャラリー50 作者: 石戸谷結子,井辻朱美,加藤浩子,楠瀬寿賀子,中野京子,山口眞子,朝倉めぐみ 出版社/メーカー: 学…

オペラ「トスカ」がいいんです。

マリア・カラスのDVDを買ったところとても素晴らしくて、ひとり、もしくは子どもとふたりの時に見てはズドンと来ています。 「歌に生き、恋に生き」(パリ・デビュー) (la callas... toujours Paris 1958) [DVD] アーティスト: カラス(マリア),ゴッビ(ティト)…