読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

最高のオペラ本みつけた「オペラ・ギャラリー50」

あいかわらずオペラ「トスカ」が面白いわけですが、わかりやすい解説本はないものかと探し当てたのが、「オペラ・ギャラリー50」。

 

オペラ・ギャラリー50

オペラ・ギャラリー50

  • 作者: 石戸谷結子,井辻朱美,加藤浩子,楠瀬寿賀子,中野京子,山口眞子,朝倉めぐみ
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2004/08/25
  • メディア: 単行本
  • クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

トスカって有名なオペラだから小難しく論じてある本がいろいろあるのだけど、そんな小難しいのや分厚いのや小さな字の本を読んでいたらどんどんトスカのことが嫌になりそうで危なかったわ。

私はトスカを研究したいのではない、トスカを感じたいの、だー!

 

とにかくこの「オペラ・ギャラリー50」はとてもいいです。

 

しかしこれは本と言ってよいのか・・・?といっても漫画ではないし。イラストたっぷりで、とにかく読みやすい。

 

有名オペラ50タイトルについて、あらすじがわかりやすくまとめられていて、登場人物のイラストもなるほどって思うし、人物相関図やストーリーのベクトルが図示されていたり、まあとにかくよくできているんです。

 

ひとつのオペラにつきたったの数ページでコンパクトに解説してありますが、トスカのところはもう何度読んだことか。おすすめCDDVD情報も掲載されていて、コンパクトにまとめられているのに情報もりだくさん。

 

こーいうのを求めていたのです!

私のようなオペラ初級者にぴったりだけどオペラ講座の歌の先生もこの本いいと思いますっておっしゃっていた。初級者だけでなくプロの歌い手さんにも認められ、長く手元に置いておけるオペラ本と思われます。

 

それにしても、読めば読むほどオペラっていいですわあ。メロドラマを実際の演奏と歌と演技で感じる素晴らしさといったらテレビでドラマを見るのとはまるで違うハマリ感。

 

子どもがもう少し大きくなったら必ずや劇場に連れて行きオペラ鑑賞をする。子どものためじゃない、私が観たいからである。

我が子には、私の子どもに生まれてきたからにはピアノやオーケストラのコンサート聴きに行ったりオペラ鑑賞したりいろいろつきあってもらいます。

 

当初申し込んだオペラ講座は4回きりだったけど、継続しちゃおうかな~。

 

 

オペラ「トスカ」がいいんです。 - 字が綺麗だときっといい気分に違いない