こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

「中学校受験という選択」を考えてみる

通勤時間をつかって「中学受験という選択 (日経プレミアシリーズ)」という本を読みました。

 

うちの子は3歳。今後、受験については幼稚園受験、小学校受験、中学校受験、高校受験、大学受験いずれも可能性があります。

大学受験はさすがにかなり先だし、本人の意向がかなり占める。そして高校受験はあまりさせる気がない。というわけで、幼稚園・小学校・中学校の受験についてはちょこちょこ調べています。

 

私のまわりのワーキングマザーたちは、ちょうど今ひとりめの子が小学生というケースが多くて、子どもを中受させようとしているママ友が何人もいます。

いまや、この東京だと中学校受験は当たり前になっている感じがします。あくまで私の周りの狭い範囲ですが。

ママ友たちの話を聞いていると、小学校4年生くらいから通塾して、少しずつコマ数が増えて、6年生になるとオプションをどこまで取ろうかと頭を悩ませている様子。

塾から帰ってくるのは夜10時くらいよ、という話を聞くと、うーむそんな生活を小学生にさせちゃっていいのかなあ・・・と思わずにいられません。学童がわりに塾へというのはわからないでもないけれど。

 

さてこの本を読んだことで、「やっぱり高校受験はしなくてもいいわ。」という思いは相変わらず。で、なるほど中受もありかもね、と思えるようになりました。

 

中学受験という選択 (日経プレミアシリーズ)

中学受験という選択 (日経プレミアシリーズ)

 

 

また、発達心理学の面からアプローチしているところはたいへん参考になりました。具体的操作期から形式的操作期へと成長していく子にとって、中学受験という選択肢はたしかにありかなと思えるのです。全体的に読みやすく、なるほどねえ、と。いくつかの家族の中学受験物語は、気がつけばじーんと涙ぐんでしまうほどの感動ものでした。こうした感動ストーリーが各家庭ごとに生まれるんでしょうね。

 

早いうちに私学へ行かせようと思いつつも、小学校は公立で中学校から私学へという選択肢も消さずにおこうと思います。