読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

子どものズボンをリフォームして、つけポケットつくった。

手作りしました
先日作ったポケットバッグ(つけポケット)の第二弾。
 

 第一弾はこちらの記事です。

chiyokopen.hatenablog.com

 

もう少しぺたんこのポケットバッグを作りたいけど、働いていると生地を買いにいく時間はない・・・。そうだ、子どもの古着をリフォームすればいい!と思いつきました。

 

サイズが小さくなって、でも子どもの名前も書いちゃってるからリサイクルも無理かなあ、もう捨てるしかないかなー、でも捨てるのもったいないなー、と思っている洋服がたくさんあるのです。

 

今回は、このさんざん着たおしたズボンを使うことにしました。

f:id:chiyokom:20150403063800j:plain
懐かしいです。このズボンを眺めているだけでたくさんの思い出が蘇ってくる。
 
縫い合わせてある糸を切って、ズボンをばらばらに。
f:id:chiyokom:20150403063809j:plain
この作業が一番時間がかかりました。
 
そして、ポケットバッグに生まれ変わりました!
じゃーん。
f:id:chiyokom:20150403063819j:plain
 
ふたを開くとポケットになっていて、
f:id:chiyokom:20150403063828j:plain
 
背面にもひとつポケットがあります。
f:id:chiyokom:20150403063837j:plain
 
ズボンをほどくのは家で夜もくもくと。そして、会社のお昼休みに背面のヒモを手縫い。あとは今朝がーっとミシンがけして仕上げました。
 
キルティングで作った第一弾よりもぺたんこで、着古したズボンから作っているのですでに使い込まれた感があり(笑)、体に馴染む。子どもの思い出のズボンが私の手で生まれ変わったことに感無量。リフォームって楽しいなあ。
 
さっそくハンカチとティッシュを入れて今日から子どもに持たせます。
 
 
寸法や作り方は、購入したクリップについていました。第三弾も作ろうかな。 
河口 ポケットバック用クリップ 11-346

河口 ポケットバック用クリップ 11-346