こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

PASMOの10円チャージがとても便利

東京メトロの自動券売機・自動定期券発売機ではPASMOに10円単位でチャージできるようになっていて、とっても便利です。10円単位でチャージ!?そんなの別に便利に思えない!?

 

いえいえ、この機能が実は侮れないのです。

PASMOナビ | 東京都交通局

 

 ほかの私鉄の券売機でも対応しているようですね。

www.odakyu.jp

 

「運賃があと30円だけ足りない」という時に30円だけチャージできるので、たとえば旅行者にも便利なはず。旅行者だったら、1,000円チャージしても使い切れないかもしれませんからね。

 

 

 

10円チャージの活用法①

さて、この10円単位のチャージ、私はお札をくずしたい時によく使います。

小銭が必要な時ってありますよね。ついこの間は、幼稚園の入園式の写真をお釣りのないように封筒にお金を入れて申し込む必要があり、小銭が必要になりました。

 
こういう小銭をぴったり用意しなくてはいけない時に限って、お財布にお札しかなかったりします。そんな時、以前だったらコンビニエンスストアでのど飴でも買って小銭を作ったりしましたが、いまは要らないものを無理に買う必要はない!
  
PASMOの10円単位のチャージを利用すれば簡単に小銭を作ることができるのです。
 
例えば、今日は習い事の教室に750円を持っていく必要があったので、千円札を入れて250円チャージしました。お釣りの750円をそのまま封筒に入れて教室に持参。なんとまあ楽なこと。
 

10円チャージの方法

さて、10円チャージの方法ですが、うっかりすると見逃してしまうくらい、アピールちっちゃいです。自動券売機でチャージを選択すると、1,000円とか2,000円などの金額がドン!と表示されます。ここでついついそうした金額をタッチしてしまいがちですが、券売機のチャージ画面をよ〜く見て下さい。「10円単位でチャージ」という表示があります。表示が見つかれば、タッチするだけで後は流れに任せれば大丈夫。
  

10円チャージの活用法②

他に便利な活用法としては、お財布とか小銭入れが小銭だらけの時です。
小銭ってけっこう重たいですよねぇ。そんな時にはジャラジャラと切符販売機に入れます。いくら分の小銭が入ったのか機械が計算してくれますから「10円単位でチャージする」の表示を押して、機械が数えてくれた小銭の金額を入力。無駄なく、小銭の金額をチャージ。すっかりお財布が軽くなります。なんと便利なことでしょう。
 
PASMOにチャージしておけば、きっといずれ電車に乗る時に使えますし、さっと売店で飲み物を買いたい時に楽です。いずれお金の代わりに使えるので無駄がありません。
 
小銭を作りたい時も、小銭を軽くしたい時にも使えて実はとっても便利なオススメ機能です。