こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

子どもを賢くするおもちゃ見つけました、第二弾

去年の今頃、ちょうどこんな記事を書いていました。

 

chiyokopen.hatenablog.com

 

もう1年経っていることにびっくりですが、我が子は今でもアクアビーズが大好きです。

 

アクアビーズアート生活は4歳でも継続中

最近は、こういうのを作って喜んでいます。

 f:id:chiyokom:20160227235928j:image

王冠です。

くるっと後ろ向きにすると・・・、

f:id:chiyokom:20160227235935j:image

指輪です。

 

値段がお手頃だったのでこのセットを買って上げたら大喜びで何個も作ります。

アクアビーズアート☆ キラキラゆびわセット AQ-206

アクアビーズアート☆ キラキラゆびわセット AQ-206

 

 

上で紹介した王冠は、デザインシートの通りに作ると本当は色合いが違います。

4歳児ともなるとオリジナリティを求める(笑)ので、うちの子の王冠は上のような出来上がりです。

 

こちらはデイジーという図柄で作った立体指輪。

 f:id:chiyokom:20160315033814j:image

立体部分だけ手伝いましたが、あとは全部4歳の娘がひとりで作りました。

 

4歳児の娘の指のサイズにはちょっと大きいのですが、それでも作っては指にはめて、ニヤニヤ満足そうにしています。

なかなか良いのでお友達の女の子の4歳のお誕生日プレゼントもこれにしました。

 

「図形」にも強くなって欲しいなら

1年前の記事では「巧緻性」メインで書きました。

が、幼児教室では巧緻性以外にも、記憶、言語、数量など以後の勉強につながる領域が網羅されています。その中のひとつが、「図形」。

 

うちの子は、幼児教室で開催されるテスト結果でも言語、数、図形はかなり得意分野。 

どうすれば図形が伸びるのか?

というわけで、子どもを賢くするおもちゃ、第二弾は「図形」です。

 

 

 

図形は、平面と立体

「図形」は平面と立体。それぞれ、形をとらえ、イメージできるかどうか。幼児教室で授業を参観するといろいろわかって面白いのだけど、できる子はぱーーーーっとできちゃうのに、できない子ってできません。

 

さて、平面図形の代表格は「三角パズル」です。

いろいろ市販されています。

 

さんかくパズル

さんかくパズル

 

  

図形モザイクパズル

図形モザイクパズル

 

  

さんかくたんぐらむ WP-50

さんかくたんぐらむ WP-50

 

 

 

NEW さんかくたんぐらむ

NEW さんかくたんぐらむ

 

 

 

くもん、こぐま会は子どもの頭に刺激を与えるものをいろいろ出しています。・・・と、紹介しておいて何ですが、三角パズルは別に何も買わなくてもできます。厚紙や折り紙を三角に切ってパズルにしちゃえば良いのです。

 

三角を組み合わせて、四角を作ったり、大きな三角を作ったり、あらあらいろいろな形ができるわね、の練習。

 

そして次に、あらかじめ画用紙に四角や三角を書いておき、さて手元の三角を使ってこの形を作ってごらん?というのが次の段階。四角の中に、三角をイメージできるかどうか!四角に三角が内包されていることに気がつくかどうか!!これ重要。

これが、出来ない子って出来ない。

 

出来なくても、ぐるぐる、ぐるぐる、手元の三角をまわしてがんばっている子は、ぐるぐるしているうちにひらめきがあるからまだいい。わからん、と投げ出してしまう子はその気にさせてあげたいです。出来る喜びを知って欲しい!というわけで、親が一緒になってぐるぐるして、「あ!できたね!」と大喜びするところからお願いします。

 

次に立体図形。

これは言わずもがな、積み木!とにかく積み木! 

 

もうこれ!!

図形キューブつみき

図形キューブつみき

 

 

積み木は赤ちゃんのオモチャだと思うことなかれ。算数あたまを作るのには必須アイテムです。

 

絵の通りに作る。

誰かが作った積み木を、見ながら、真似して作る。

誰かが作った積み木を、おぼえて、それを見ないで、作る。

誰かが作った積み木を見て、さて積み木は何個ある?クイズ。

絵の積み木をみて、積み木が何個ある?クイズ。

(必ず実際に積んでみて数を確認) 

 

幼児期は何でもかんでもが「遊び」。お遊び感覚でいられる今のうちに「図形」に強くなる遊びをじゃんじゃんさせようではありませんか。

 

子どもはお父さん、お母さんと一緒に遊ぶのが大好きだから、パズルも積み木も上手に遊びに取り入れると、大喜びで取り組みます。その輝いた目を見ていると、親のこちらも嬉しくなっちゃいます。