読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

石黒賢さんの語りで「ぞうのババール」を聴いてきました

子どもとお出かけ

昨日、家族でコンサートへ行って参りました。

 

f:id:chiyokom:20160320054750j:image

 

上野で開催中の、東京・春・音楽祭です。

www.tokyo-harusai.com

 

魅力的なプログラムがたくさんあるけれど、子連れOKのものでない限り、いかれません。年少の終業式を終えたばかりのうちの子は、コンサートでおりこうさんにしていられるのは1時間までですし。

 

そんな我が家にぴったりの東京春祭 for kidsのプログラムを見つけ、即チケットを購入していってきたのが、冒頭の写真。

 

 

東京文化会館は上野駅の目の前でアクセス良好。何度かピアノを弾きにいったこともあるし、オペラやバレエ観劇に出かけた事もあるし、ライブラリーでもお世話になったし、大好きな場所です。

 

東京・春・音楽祭-東京のオペラの森-|楽しみ方|東京春祭 for Kids

 

「音楽物語 《ぞうのババール》 ~こどものころのおはなし

◇出演

 語り: 石黒賢

 ピアノ:三浦友理枝

 

◇曲目

 エルガー:愛のあいさつ

 ショパン:ノクターン 第2番 変ホ長調 op.9-2
 ショパン:ワルツ 第6番 変ニ長調 op.64−1 《子犬のワルツ》
 グリーグ:《抒情小曲集》
 アリエッタ op.12-1
 蝶々 op.43-1
 家路 op.62-6
 プーランク:音楽物語《ぞうのババール》

 

 

前半は三浦友理枝さんによるピアノ演奏。

三浦友理枝オフィシャルサイト

 

ショパンの曲は家で弾いたのを子どもが覚えていて「ママの曲だー」と嬉しそうにしていました。グリーグの叙情小曲集は、今度練習しておこうと思っている曲集だったので、子どもに聞かせたいというより、私が聞きたいプログラム。参考になりました。

 

今回は休憩無しの1時間プログラムで、グリーグまで弾き終えた三浦さんがいったん舞台袖に下がると、俳優の石黒賢さんと三浦友理枝さんのお二人が揃って登場。

 

なぜ絵本の読み聞かせに石黒賢さんなのだろう!?と不思議でしたが、なんと絵本の翻訳をされているそうです。

 

マルタとききゅう

マルタとききゅう

 

  

マルタとたこ

マルタとたこ

  • 作者: ゲルマノズロ,アルバータイン,イシグロケン
  • 出版社/メーカー: トランスワールドジャパン
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

石黒賢さんと三浦友理枝さんのトークが少しあり、期待が高まって、いよいよ「ぞうのババール」のはじまりはじまり。

 

ぞうのババール

「 ぞうのババール〜こどものころのおはなし」は、絵本があります。

ぞうのババール―こどものころのおはなし (評論社の児童図書館・絵本の部屋―ぞうのババール 1)

ぞうのババール―こどものころのおはなし (評論社の児童図書館・絵本の部屋―ぞうのババール 1)

 

 

ババールの絵本に音楽をつけたのが、作曲家プーランク。

東京春祭のHPによると、プーランクはいとこの子ども達にせがまれて絵本に音楽をつけることになったそうです。1940年から、戦争のために中断されながら1945年に完成。

ちなみにプーランクとは、フランスの作曲家でピアニストでもあります。

プーランク/Poulenc,Francis ピアノ曲事典 | ピティナ・ピアノホームページ

 

朗読の合間や、朗読している後ろにピアノ曲が入ります。プーランクがこの絵本のために作曲したわけですから、それぞれがそのシーンにぴったりの曲。

 

石黒賢さんの語りと三浦さんが演奏するプーランクのピアノ音楽によって、頭の中にはババールが王様になるまでの物語がいきいきと映像として浮かびました。

 

終わった後にお約束のように東京文化会館2階の精養軒でランチ。

 

どうしてババールが王様になっちゃったんだっけ?というオットの問いに対して、

前の王様が、きのこを食べたからだよ。

それで、王様どうしようって話し合って、ババールになったんだよ。

私がやりますって言ったんだよ。

 

などなど、かいつまんでオットに説明していたので、へえちゃんと聞いてたのだな、と感心しました。(オットは途中でうとうとしていた!なので、どうして王様になっちゃったの?というオットの問いは、子どもを試していたのではなく、本当にわからずに質問。)

 

語りと演奏で、わりと長いプログラムだったので、子どもへの読み聞かせとしては長かったかなーと心配していたのですが、ちゃんと心に残ったようです。

ババールの絵本が欲しい、欲しい、と。

石黒賢さん、とても素敵でした。

 

 上野公園

お昼過ぎまで雨がしとしと降るあいにくの天気。

コンサートの後は上野動物園へ行きました。

www.tokyo-zoo.net

 

天候がいまいちだったからなのか、翌日が無料デーだったからなのか、すいていて楽しかったです。

 

 f:id:chiyokom:20160320065236j:image

すいていたし、雨だし、モノレールに乗ってみました。

 

雨でも上野公園のスタバはいつも通り混んでいました。

もう咲いている桜の木もあり、いよいよ上野公園のお花見シーズンはもうすぐそこです!