読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

皇居、乾通り一般公開へ行って参りました。

ふと思い立ち、子どもと二人で皇居の一般公開へ行って参りました。

皇居乾通り一般公開について - 宮内庁

 

皇居まわりはいまやジョガーだらけでぶらぶら散歩するのもはばかられるイメージですが、10年くらい前はそんなにジョガーだらけでもなく、都心のぶらぶら歩きにはぴったりで、ひとりで仕事のあとに半周歩いて帰ったりしていたものです。独身女性が自分を見つめながら歩くのにぴったりだったのでして。

 

いつも周りを歩くだけだった皇居(いや日曜日はサイクリングロードになるので家族で自転車乗りに行ってはいますが)・・・一般公開されるようになったのだし、せっかくのことなのでお邪魔してみようか、と。

 

と言いますのも、ばったり土曜日に知人に会ったのですが、「親を連れて皇居の一般公開に行ってみたら、ぜんぜん行列しておらずスムーズだった」という朗報を聞いて背中を押されたのです。

 

 

さて、日曜日の午後。久しぶりの皇居です。

f:id:chiyokom:20160328174857j:plain

桜田門のあたり。これも東京なのです。

 

 

荷物チェック、ボディチェックありでいよいよ坂下門からスタートです。

 

 

見所には名称が看板で掲げてあり、へえ、ほぉ、といちいちありがたい気持ちになりました。なぜこの名称が?と思った直後に説明を伺って感嘆した山下通りあり、濠もいくつかあり。

 

桜は全体的には3部咲き程度。ところにより、見所を迎えて綺麗に咲いている桜が数本ありました。乾門の手前は綺麗でした。

 

ありがたく、素晴らしかったです。

一般公開の感想は、それはそれは素晴らしかった、のひとことです。

 

仕事だったオットに写真を見せたら、「え、誰もいなかったの!?」と驚かれましたが、いやいやたくさんいらしてました。人が映らないように気をつけて写真撮影しただけであって。

 

当初は皇居内を写真撮影するのは失礼に思って歩いていたのですが、皆さんパシャパシャ撮影していて、警備も大量にいらっしゃるのに特にご注意もないので、わたしも失礼ながらiPhoneで写真におさめました。子どもにも良い記念になったと思われます。

 

待ち時間0で、皇居内もたいへんスムーズ。子ども連れでも何の問題もありませんでした。

 

うちの子は年少児とは思ってもらえないくらい足が強いので、こういう時にはとても助かる。最初から最後までしっかり歩き通し、乾門から出たあとは科学技術館で大ハッスルでした。

 

素晴らしい空間にお邪魔する事ができ、母子ともに大感激。こんなに素晴らしいのでしたら、今後もれなくお邪魔したいと思った次第です。

 

 

chiyokopen.hatenablog.com

  

chiyokopen.hatenablog.com

 

chiyokopen.hatenablog.com