こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

ブリッジ生活

ブリッジいいらしいです

今日はブリッジのお話。体操のブリッジです。仰向けで手と足だけを床につけて体を持ち上げ、橋のように綺麗なアーチで頭まで持ち上げるブリッジのポーズ。

 

そのブリッジが日課になりました。私も子どもも。(まだ4日目ですが)

 

 

ブリッジのポーズの効果について調べてみると、すごく体に良いことがわかりました。

 

お腹をぐーっと持ち上げ胸を開くポーズなので骨格の歪みを改善し「猫背予防になる」。手のひらと足で体を持ち上げるので、腕と脚の引き締め効果が期待できる。腹筋や背筋をはじめ、普段の生活であまり使わない筋肉まで使う全身ポーズなので、血流がよくなり、むくみへの効果も期待できる。などなど、なんだかとっても体に良さそうではありませんか。

 

日常生活ではまったくと言って言いほど、こんなポーズはしませんから脳への刺激にもなるに違いありません。そして「全身で体操しました!」という爽快感があります。もっと言えば、普段怠けていた細胞や筋肉達が覚醒するような、全身がよみがえるような感覚さえあります。

 

何の道具もいらない、素晴らしい体操。しかも数分で終わり。それがブリッジなのです。

 

なんでまたブリッジ!? 

夏休みに入って早速、子どもを3日間集中の体操教室に通わせました。体操教室というよりは、小学校受験で有名な幼児教室の受験体操クラスです。        

 

 うちの子はその幼児教室の体操クラスが大好き。でも、ふだんの習い事はこれ以上増やす余地がないので、季節講習等を利用して、これまでに数回通わせています。土日込みの数日間で終わり、毎回1時間ほどなのでワーキングマザーにも負担が少ないです。

 

さて今回、「ブリッジ」の課題が登場しました。

 

ブリッジに取り組む幼児たちの姿を見ていたら私も久しぶりにブリッジしてみたくなり、家でやってみたのです。

 

 

 

ブリッジできますか?

小学生のころは体育の授業で何度も、何度もブリッジしたものです。しかしそれ以来、大人になってからヨガ教室でやったかなーどうだったかなー。小学校を卒業してからブリッジに挑戦した記憶がほとんどありません。いつぶりかもわからないくらいのブリッジです。

 

はい、やってみました。

 

わお。

予想はしていたけど。

まったくできません!

 

悲しいかな、この現実。

 

 

子どもの受験体操クラスでは何人かの子が頭も浮かせたそれはそれは美しいブリッジを完成させていました。うちの子はできないかと思いきや、お腹を持ち上げることはできていました。これまで自宅で一度もやったことがなかったので、手のつき方や取り組む順序が違っている状態で、それでよくお腹を持ち上げられたわね、という感じでした。

 

夏休みの目標、ブリッジ

体操クラスで綺麗なブリッジを見てしまったものですから、「私もあんな風にブリッジしたいな〜」と思いまして、早速その日のお風呂の後に練習を始めたら、当然の流れで子どももやりたがり、親子で練習スタートとなりました。


体操の先生のアドバイスは、
・ まずしっかり寝そべる。
・ 手の置き方注意(指先が足先方向に向くような、感覚としては逆向き)。

でした。

 

 

 

 

ブリッジを完成させるまで

さて本日、子どもは美しいブリッジを完成させました。練習を始めてたったの4日です。頭は床上10センチほどあがったのではないか?というくらい、文句無しのブリッジ。

 

いいなあ。

 

私は・・・、4日くらいじゃあまるでダメ。

 

初日、子どもに「ママのは坂道だよ!」と言われました。ひざが一番高く、頭に向かって下り坂。

 

翌日は「昨日より上がってるよ!」と子どもに褒められたけど、とにかく腕に力が入らない。

 

その翌日は「ブリッジというより、台だな」とオットに指摘されました。腕をぐっと伸ばす事ができたのか、坂道状態は脱出したようです。

 

4日目は子どもが頭を持ち上げたブリッジを成功させた横で、できない自分と闘いました。

 

子どもに、手のひらに力を入れるんだよ、とアドバイスされるものの力を入れられない非力な私。お腹がアーチ状に持ち上がる気配もない。なんでこんなにできないんだ!?

 

綺麗なブリッジ、成功させたいなあ。私の夏休みの目標はブリッジ。達成できるかな・・・。