読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

そして人間ドックへ

わたしはまないたのうえの、こい

 

先日、人間ドックへいってきました。会社を辞めることにして、すぐに「人間ドックの予約」をしまして。

 

 

現在サラリーマンの私は、会社の健康保険に加入しています。そのおかげで、毎年、補助を受けて人間ドックを受診してきました。実費だとかなりの額になりますから、ありがたいことです。

 

会社を辞めるということは、この健康保険からも抜けるということなので、補助が受けられるうちに人間ドックへ行っておこうというわけです。

 

例年なら秋から冬に受診していますが、秋には退職していますから前倒し。人間ドックは医療機関によっては、何か月も先まで予約が埋まっているため早めに予約し、先日受診してきました。

 

 

 

私はバリウム検査は数回しかしたことがなく、毎年胃カメラを飲んでいます。この胃カメラは私にとって年に一度の一大イベント。「次は胃カメラです」と案内された瞬間「いよいよ来たか」。緊張の時間の始まりです。

 

「わたしは“まな板の上の鯉”、わたしはまないたのうえのこい、まないたのうえ、こい、こい・・・・」何度も呪文のように頭の中で唱え続け、胃カメラが終わるまでは愛想笑いもできません。人間であることも忘れる。

 

胃カメラが終わると人間ドックのメインイベント終了といっても過言ではなく、あとはもう余力で検査を受けて、はいおしまい。

 

そういえばブリッジ体操のおかげか、身長は6月の会社の健康診断から4ミリ伸びていました。これからは縮むだけかと思っていましたが、数ミリでも身長が伸びていると嬉しい気分です。


今後は夫の健康保険に入れてもらうつもりなので、補助の内容も変わり、補助を受けようとすると医療機関も変わることになりますが、毎年人間ドックを受けることは続けなくては、と思います。

 

 

chiyokopen.hatenablog.com

 

 

chiyokopen.hatenablog.com