こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

子どものバイオリンの発表会に私も出場。

もう先月になってしまったけど、8月は子どものバイオリンの発表会がありました。うちの子はリトミックとバレエの発表会でグループで舞台に立った事はあったけど、今回は人生で初めてソロでの発表会。

 

 

そして私は、ピアノ伴奏!

子どもの伴奏者として同じ舞台に立てるなんて、感無量。すごく幸せ。

 

レッスンにも私が同席し、毎日の練習も私がサポートし、発表会では伴奏担当。今のところバイオリンのお稽古は子どもと私と二人三脚でがんばり中。

 

バイオリンの先生によると、だいたい小学校5年あたりから反抗期っぽい時期が訪れて、母親があーだこーだアドバイスすると反発したり、レッスンに母親がくっついていったり同席したりするのを嫌がったりする子もでてくるらしい。

そうなったら子どもはひとりで頑張るわけだけど、反抗期が終わって、また母親とのコンビを復活させるケースと、もう反抗期をきっかけにずーっと子どもひとりで頑張るケースと、いろいろらしい。うちはどうなることかな。

 

うちの娘は先生の門下の中で最年少。発表会は他のお兄ちゃまお姉ちゃま、お兄様お姉様がたの演奏に娘の数年後を重ねました。この調子だと毎年どんどん難しい曲に挑戦することになり、あと数年で、ピアノ伴奏の難易度が母の威厳が危うくなるくらいのレベルにアップしそう。

わたしピアノをさぼっていると、そのうち伴奏クビになるかもしれん。せめて反抗期までは親子コンビで舞台に立ちたいので、ピアノを頑張るモチベーションぐんすかアップ。

 

 

 

我が子の師匠はわりとスパルタ系といいますか、本気系。なので小学生でそんなの弾いちゃうの!?という驚き桃の木山椒の木レベルの発表会でびっくり。小さなお姉ちゃんがしっかりお客さんのハートをつかんだまま離さず演奏するんだからなあ。

近い将来、今ある職業の半分くらい?だったか、ロボットというかAIに取って代わられて、あの職業も、この職業も、人あまり現象になる、などとビジネス雑誌だかで書かれているけどね、誰かの心にしっかり届き、心を震わせる演奏、これはAIにもできまい。

 

娘は発表会がはじまると、自分の番はまだかまだかとやる気満々。毎日毎日、少しずつでも練習をしていたおかげで、堂々と、綺麗な音を響かせて弾く事が出来ました。我が子ながら、あっぱれのできばえ。練習は裏切らないね。

  

お客さんの前で弾く、何とも言えぬ喜びを感じたようだし、素晴らしいゲスト演奏や、師匠の演奏も聴いて、バイオリンへの熱がぐぐぐいっと高まった様子。

 

発表会当日の夜、今日はおつかれさま、さてもう寝ましょう、と声をかけたら「まだバイオリンの練習してないよ?練習したい」と言い出した。

鉄は熱いうちに打て!