読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

【5歳の調理実習】〜ジュースから作る簡単ゼリーで子ども大満足〜

子ども(5歳)が「これからゼリーを作る!」とやる気満々。エプロンと三角巾を不器用に身につけて、作り方を熟読している。ゼラチンがいるって!など指示を受けて、はいはい、とそろえる私。

 

 

世間のお子様の通信教育教材のマジョリティーはベネッセの教材「こどもちゃれんじ」ではないかと思います。あの、しまじろうの。それか、学研のドラゼミかな?

 

そんな世間のマジョリティをあえてはずし、私はうちの子にZ会の幼児コースを採用。

その教材として、ワークブックの他に“親子でこんなことやってみよう〜!”というようなアイディア集「ぺあぜっと」が毎月届き、毎月、その課題のひとつがいわゆる調理実習。

 

で、8月号のぺあぜっとに「キラキラゼリーをつくろう」という課題がありました。

 

「ゼリーって自分で作る事ができるの!?」ということが驚きというか、喜びだった様子。たしかにゼリーを作るのは火を使うわけでもなく、幼児でも簡単で、安全。

 

せっかくデザート作りにやる気を出している子どもにメイン担当を任せ、私は助手になり、親子でゼリー作りのはじまりはじまり。

 

 

 

 

 

①ゼラチンをふやかす。水100ccに、ゼラチン10g。

f:id:chiyokom:20160918232140j:image

 

②ふやけたゼラチンを温めて、溶かす。レンジでチンが簡単。今回は湯煎しました。

③砂糖を水で溶かし、さらに好きなジュース100ccを加え、②で溶かして冷ましておいたゼラチンも加える。

④冷やす。冷蔵庫でも良いけど、氷をしきつめたバットで冷やすのも楽しい。目の前で、固まっていくので。

 

あとでフォークで刻むので、平らなお皿で冷やします。

f:id:chiyokom:20160918232146j:image

 

⑤かたまってプルプルになったゼリーを、フォークで細かく刻む。

f:id:chiyokom:20160918232314j:image

 

 ⑥できあがり!

f:id:chiyokom:20160918232153j:image

 かかかか、簡単。

 オレンジジュースで綺麗なオレンジ色のゼリーができました。

 

翌日「また作る!」と言いまして。

リンゴジュースでリンゴゼリー。

f:id:chiyokom:20160919150832j:image

 

そのまた翌日「またゼリーつくる!」と言いまして。

今度は、サイダーで。サイダーのゼリー。f:id:chiyokom:20160921221019j:image

f:id:chiyokom:20160921221024j:image

サイダーのゼリーが美味しくてびっくり。子どもは「あまいから、もういらない」と半分も食べなかったけど、オットも私も今のところサイダーゼリーがお気に入り。 

 

ゼラチンがふやけてどろんとする過程や、ジュースとゼラチンを合わせて冷やすと固まるんだという理科の実験のような面白さ、しかも出来上がったゼリーはとても美味しい。とても良い調理実習。

 

「まま、今度はぶどうのジュース買ってきて!」だと。お店でゼリーを買うより経済的で、子どもの知育にも良いとなれば、いつでも買ってくるわ〜って感じです。