こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

退職するにあたって頭の整理。住民税について。

退職にあたって人事からいろいろ説明を受けたのだけど、わかったようなわかんないような感じなので、整理。

まずは住民税(地方税)について。

 

 

 

住民税の基本

課税主体は都道府県、市町村。1月1日現在、それぞれの都道府県および市町村に住所を有する人は、退職所得をのぞく前年の所得に対して課税される。

税率は一律10%。

f:id:chiyokom:20160919214803j:plain 

会社で「特別徴収」

前年度1月1日〜12月31日の収入に対して、税額が決定され、6月から翌年5月までの12回、毎月給与から控除して市町村へ納めている。これが「特別徴収」。

給与天引きだと納税している感覚も薄れてしまうけど、給与明細を見ると、ばっちり引かれている。

 

会社を辞めて主婦になると「普通徴収」

いま給与天引きされている住民税は、前年の収入に対して計算された住民税。ということで、辞めた翌月から翌年5月分までの税額が未納となる。退職すると給与からの控除ができなくなるので、自分で支払う必要がある。

退職後に市町村から通知書が郵送されるので、それに従って支払う(「普通徴収」)。

 

住民税は、後払いだから・・・

今年すでに数ヶ月働いている。今年の収入に対する住民税が計算されるのは来年。

来年度、忘れた頃に納税通知書がぴらーっとやってくるというわけですね。