こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

あきらめ小坊主

昨日の夕方、子どもがこんなものを作ってぶら下げていた。

f:id:chiyokom:20160924231345j:image

折り紙をくしゅくしゅ丸めて、テープでとめてある。

 

「これなあに?」

「あきらめ こぼうず だよ!」

 

 

 

子ども曰く、あきらめ小坊主は、高いところからみんなの事を見ていて、あきらめちゃっている人を見つけたらピカーン!と光ってやってくるって。

そしたら、あきらめちゃっていた人が、あきらめなくなるって。

本当はもっと高いところにぶら下げたかったらしい。

 

顔もあるんだよ。

みんなの事を上から見るから、顔は下にあるんだよ。

 

“あきらめ小坊主”の顔 

f:id:chiyokom:20160924231350j:image

 

あきらめちゃいけない!って思わせてくれる笑顔。

 

この日は、習い事の帰り道、とある物を買いたかったのだけど、3つお店を回っても見当たらなかった。

「もうあきらめたー」と私が言ったら

「あのね、あきらめちゃ、ダメなんだよ」「あきらめちゃったら、それで、おわっちゃうんだよ」と子どもが言った。

 「そうだね、あきらめたら、探していた物がもし合ったとしても、あきらめた人には見えないかもしれないね」

というような会話をして帰ったので、こんなに可愛い“あきらめ小坊主”を作ってくれたみたい。