読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

ハロウィーン@表参道

ハッピーハロウィン!

 

週末、お友達に誘われて、表参道でハロウィンを楽しんできました。

 

ハロウィンの時に外出すると危険だ、と思い込み、これまでま〜っっっったく興味がなかったけど、誘われたことをきっかけに調べてみると、あちこちでハロウィンイベントがあるのですね。川崎のカワハロ、代官山、六本木、お台場、池袋など。

 

われわれが楽しんだのは原宿表参道のハロウィンイベントで、ハロウィンイベントの中では歴史があるようです。仮装してパレードを楽しみ、原宿・表参道のお店をまわるとお菓子がもらえます。

原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレード

 

 

 

 

子供達のハロウィン仮装の傾向

あのハロウィン衣装が日の目を見るとは、感無量。 

chiyokopen.hatenablog.com

 

子どもたちの仮装の傾向としては、女の子はシンデレラ、白雪姫、エルサなどのプリンセスのドレスをまとっている子がたくさんで、男の子はハリーポッターとかウォーリー。

 

我が家もドレスを着せてもよかったけど、冬のような寒さだったし、本人が魔女になるんだ!と意気込んでいたので魔女衣装で。

 

もしドレス着用の場合は歩く時につま先をひっかけて転ぶこともあるので、注意です。街は案外、段差がありますので。

 

トリックオアトリート!でお菓子ゲット

原宿表参道はローハロウィンパレードは、1,000円で参加証を購入します。

で、当日、ぐるっとパレード。

 

他にもたくさんの企画が用意され、子ども達が大喜びだったのがお菓子ラリー。

f:id:chiyokom:20161031141831j:image

 

お菓子マップに記載されている協力店舗をまわり「トリックオアトリート!」と言うと、お菓子がもらえます。

 

夕方17:00までまわって、帰宅したらお菓子等がどっちゃり。荷物が多くなってひーふーいいながらかえりました。

 

f:id:chiyokom:20161031154428j:image

 

 

お菓子どっさり、ハロウィン最高

いただいたお菓子たち。

f:id:chiyokom:20161031141529j:image

 

子どもは、実験セットがいくつももらえて大喜び。

f:id:chiyokom:20161031141539j:image

 

私は、ククルザのポップコーンがいただけて大喜び。

f:id:chiyokom:20161031141544j:image

 ひとりで食べちゃいたいなあ。

 

www.kukuruza.jp

 

 

 

ハロウィンの楽しみ方

もともとはケルト人が発祥と言われているハロウィン。宗教的な収穫祭だったようですが、アメリカでは子どもが仮装して、「トリックオアトリート!」と近所をまわってお菓子をもらう行事というイメージがあります。

 

子どもが通う英語教室でもアメリカ式に近いイベントとして開催されています。こうした本来の楽しみ方をベースにした子どもが楽しめるイベントなら、いいのかもしれない。

 

大人の仮装がヒートアップすると子どもが怖がるので、ほどほどに。ちなみに私は仮装しませんでした。そして、ゴミを出さない、出したら持ち帰る、マナーを守って楽しむなら子ども達にとってはけっこう楽しいイベントですね。