読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

軽井沢でスキーデビュー

子どもとお出かけ 子ども 徒然

子どもに季節ならではのことを体験させるべく、冬休みはスキーをしてきました。

 

5歳のスキーデビュー、きっかけ 

私自身のスキーデビューは大学生になってから。当時はマスコミをかじっていたのでスキー場でディスクジョッキーのアルバイトをしていまして、ラジオ番組のように曲紹介をして、曲をかけて、リスナー(といってもスキー場に来ている人だけですが)からのお便りを読んだりリクエストを受け付けたり。ひとりでブースにこもってトークもミキサーもがんばっていました。そのディスクジョッキーの仕事の合間にスキーに挑戦したのが始まり。

 

その後、25歳前後まではスキーだのスノーボードだの行っていたような記憶がありますが、基本、寒いの苦手。一日中滑るのは疲れるし、数本滑ればそれでもういい。スキーもスノーボードもしなくても人生困らない。その後まるでスキー場と無縁の生活を送り、今にいたる。

 

 

 

でも子どもには“冬ってこういうものなんだよ”という体験をさせておこうと。未就学児向けの教材には季節感を説くものがつきもの。「冬のものに○をしましょう」という問題があったりしますが、冬のものには、たいていスキーの絵がありますもん。東京をはじめ冬にほとんど雪が降らない地方もあるけど、これが日本の教育なら、それでやっとかないと。

 

というわけで、スキーデビューさせることにしました。本人にスキーの話をすると「スキーやってみたい!!」とずいぶんノリノリ。やりたいという気持ちがあるならなおさらさせておこうと思った次第。

 

 

スキーデビューはスクールに一任

オットが年始早々出張で不在。私ひとりで5歳の子どものスキーデビューの面倒を見るのは責任が重すぎる。でも軽井沢なら私ひとりでも連れて行けるかな。子どもはスキースクールに入れてしまえば何とかなるかな。

 

www.princehotels.co.jp

 

軽井沢のスキー場にはいくつかのスキースクールがあるのですが、パンダルマンスキースクールにお願いしました。2時間8,000円。ちょっといいお値段しちゃう。しかし板もブーツもついているし、専用ゲレンデなのでリフト券も準備しなくて良い。子どもがスキーを楽しいと思えるのかどうか?のお試しとして、最初はパンダルマンスキースクールがちょうどよいかなと思いました。

 

2時間のレッスンのうち、前半は雪ではなく、ざらざらマットでできたゲレンデもどきで練習。いきなり雪で滑るより、怖さが無くて良いのかな。坂道をずるーっと滑って、左右のボールをたたいたり、目の前のボールをくぐったり、わっかを持ったまま滑ったり、なんだか公園で遊んでいるかのような感じ。

 

その後にいよいよ雪で滑ります。

f:id:chiyokom:20170112095330j:image

初めてのスキーだというのに、ちゃんとボーゲンで滑り降りてくるからびっくり。いきなり私より上手かもしれない。しかも楽しそう。何本か滑って、レッスン終了すると、たのしかった〜!とのこと。

 

スキーデビュー、あっさり

翌日、またスクールに入れちゃおうかな〜とたくらむ私。すると

「もうスクールに入らなくてもいい、もうひとりで滑りたい」

と言い出す。

 

幸い、この日はゲレンデが空いていたので・・・。

 

 

 

よし、わかった。

スキーセットをレンタルして、念のためリフト券も準備して、一般人に混ざってゲレンデで練習しました。

 

歩いてゲレンデをのぼり、ある程度のところからボーゲンで滑る練習。何本も滑ると一人でするする滑るし、止まれるようにもなった。子どもってすごいのね〜。すると横のリフトを見て、「こんどはこれに乗る!」

 

f:id:chiyokom:20170112095352j:image

 

リフトは今度にしよう。(私が自信がないから)と言いくるめて、ひたすら歩いてのぼり、滑り降りる。これで子どもは十分楽しかった様子。

 

なんせ私ひとりだったので、安全第一でスキーを楽しみました。確実に10年以上はスキー場に足を運んでいないから、私も再デビューのようなものですから。オットが一緒だったらリフト乗せたんだけど。

 

冬の軽井沢もいいものです

雪はまだないだろうな〜と思っていましたが、ラッキーな事に、到着した日の午後から雪が降り始めて翌日はパウダースノー。

 

朝はパフパフの雪で遊びました。

f:id:chiyokom:20170112095527j:image

 

子どもは・・・

f:id:chiyokom:20170112095555j:imagef:id:chiyokom:20170112095605j:image

ひたすら雪の上を転がっていて、なにしてるの?と聞くと

「雪だるまになりたいの」

とのことでした。