読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

婚約指輪紛失事件と、ロレックスの時計紛失事件

徒然

婚約指輪紛失事件

今日は午後2時頃から顔面蒼白状態。

ひょんなことから、我が家のジュエリーコーナー(といってもたいした事はない)に置いておいた婚約指輪のケースを開けてみた。

 

f:id:chiyokom:20170221192949j:plain

 

キラキラ光っているはずの、ダイヤの婚約指輪が、ない。

 

あれ。

 

こっちかな。

 

こっちにも、ない。

 

うそでしょ。

 

 

 

その他いくつかのジュエリーの存在をチェック。

なんか、いくつか、ない。空箱。

 

幼稚園の送迎にジュエリーでのお洒落は不要なので、もう、記憶にもないくらい、ここのところ宝石関係は身につけていなかった。いつからないのか、まったく記憶にございません。

 

f:id:chiyokom:20170221193555j:plain

 

母親がガサゴソしてるものだから、子どもが覗きにきて話しかけてくるが、上の空。

 

まままま、まずい。

オットにも相談出来ない、この事件。

 

思いつくところをガサゴソするが、ない。

こんなところにあったんだ!とガラクタはいろいろ発見できたけど、肝心の婚約指輪他いくつかが見当たらない。

 

引っ越しもしてるし、その時にどうにかなったかな。

家事代行を利用したことがあるから、その時にもしかして。

子供のお誕生日会を開催したときに、お友達家族は家にあげたけど、大事な物は鍵をかけておいたはず。

 

でてきてお願い。

こうなったら神頼み。

 

 

 

で。

午後6時、発見。ありました。

 

引っ越しの時だったのか、家事代行を頼む前にそうしたのか、クローゼットの、Tシャツを入れる引き出しの最も奥に、ご丁寧に袋にくるんで衣類の間にかくしてあった。

 

ほっ。

ロレックスの時計紛失事件

これは数年前の話。

オットはロレックスの時計をしており。

 

子どもが生まれ、1歳になる前だったか、ティッシュを全部出してみたり、本棚の本を全部出してしまったり、Suicaをどこかに持っていっちゃったり。子どもがそんな時期でした。

 

 f:id:chiyokom:20170221194023j:plain

 

 

オットが身の回りの細々した物を置いておく棚があって。子どもがつかまり立ちをしても棚は見えない高さ。ところが、ある時から、子どもはぐいーっと腕を伸ばして手探りで物をつかまえては引っ張り落とすようになった。

 

あれ〜定期券どこいった〜???→子どもの様子を思い出し、怪しい場所を探す。→思いもよらない部屋の隅っことか、引き出しの中とか、そんなところで見つかる。

 

 f:id:chiyokom:20170221194219j:plain

 

この棚じゃないところに置いた方がいいかもね〜、なんて話をしていた矢先、事件。

 

「最近、時計が見当たらないんだ〜」

なぜか能天気なオット。

 

「え、ロレックスでしょ!?」

 

「ま、きっとまた子どもがどこかに運んだんだろうな。どっかにあるでしょ」

 

 

 

私は怪しい場所がピンと来ました。

「きっとあの紙袋だ!」

「1階の部屋に置いてある紙袋よ!」

 他の腕時計とか、カードとか、紙袋にいれてたもん。間違いない。

 

 

「え。あれ、もうない」

「え!?」

 

f:id:chiyokom:20170221195215j:plain

 

オット曰く、仕事で必要なものをレンタルしていたのだが、その紙袋にガサッと入れてレンタル会社に返した、と。そもそも、その紙袋はレンタル会社からレンタルしたものを持ち運ぶ時に使った紙袋だったらしい。

 

紙袋に時計が入っていたかどうか、確認もしなかった、と。

その後、引っ越しもあったけど、時計は出て来ない。

ああロレックスよいずこ。

 

 

 

この紛失事件の直前、「わたし時計欲しいな〜」「おれのロレックスを売って、それを元手にして買えば?おれ、あの時計、もう飽きちゃったから」という会話をしたことがあります。私はその気になって時計屋に見に行ったりしてしまった。

 

きっと、この会話を聞いた時計がすねて、家出しちゃったのかもしれないなあ。