こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

母の日、たしかに歩数も少なかった

子どもからの母の日プレゼントは、幼稚園でこっそり作り続けた、絞り染めのハンカチ。とても上手に染められていてびっくり。

 

もうそれで十分だったので、日曜日は子どもを習い事に送り迎えすることばかり考えていて、母の日当日だということをすっかり忘れていました。

 

 

 

習い事の帰り。きれいなデニーズを見つけたので、娘と二人、ちょっと飲み物休憩しようか〜ということで入ってみたら、赤ちゃんをつれたパパ、子どもを連れたパパがいて、おや?と。ああそうか、もしかして、母の日だからパパが子どもを連れ出してママを休ませてあげているのか、と。

 

我が家の場合、習い事のあと「今日はパパとプールにいくんだ」と娘はパパと二人でお出かけしてしまいました。私は自分の母親のところへいってのんびり。

 

夕食はどうしようかなあ?何を作ろうかなあ?と思い始めた頃にオットからメールが来て、「夕食は買ってかえるから」と。

 

子どもは帰宅してすぐに自分の部屋にさーーーーーっと何かを隠しにいき、夕食のタイミングで自分の部屋にさーーーーっと行って、何やらかさこそ持ってきて、「いつもありがとう」と花束を渡してくれました。

 

f:id:chiyokom:20170515110331j:image

 

買い物にも行かず、子どもの習い事は一往復だけで、夕食も作らず、なんだかいつもより楽した気が。 夜になってiPhoneの歩数データを見てみたら、確かにあまり歩いていなかった! 

 

 

 

f:id:chiyokom:20170515110422j:image

 

 

iPhoneの万歩計データだと、私の歩数はだいたい12,000歩くらいで、15,000歩のことも時々ある。家の中ではiPhoneを持ち歩かないから家事労働でもう少し歩き回っているはずで、運動するヒマなんかないけど、子育てしていると一万歩くらいすぐ歩いちゃうものだなあ、と思っていたら、母の日は5,723歩だもの。約半分。

 

母の日って素敵なのね。

 

忘れずに父の日にオットを楽させてあげなくては。