こそあど記録中

小学生の子を持つお母さんで音大生。育児、教育、ピアノのことなど。

子連れでママ会、カラオケへ

冬休みに幼稚園のお友達と遊ばせたい

冬休みが始まりました。近所の公園で遊んだり、親子でお出かけしたり、旅行したり、自宅の大掃除したり、それなりにすることはあるのですが幼稚園の仲良しメンバーで冬休みに遊びたいよね、ということになり、さっそくこの間遊んできました。

会場は、カラオケルーム!

 

 

 

カラオケは、親子連れ数組で遊ぶのにぴったりだった 

カラオケを提案されて、え!?子供をカラオケに連れていくの!?と、一瞬たじろぎましたが、よくよく考えると、これはけっこう名案。

 

子供は風の子だから、公園でも、空き地でも、どこでも走り回って何時間でも遊べるのだけど、問題は私たち大人ですよ。この寒い冬に何時間も外遊びに付き添うのは体がもたない。芯から冷える。

 

ずっと外はきついが、かといってレストランのような迷惑をかけてはいけない場では楽しめない。誰かのお家に集まるのも良いけど、子供がはしゃいでインテリアを汚したり壊したりしては大変だし、飲み物や食べ物でおもてなしするのも、されるのも気を使う。

子供は子供たち同士で遊ばせておいて、大人は大人同士で気兼ねなくおしゃべりができるような、そんな場所はないのか!?となりますと、カラオケルームは最適なのです。

 

カラオケルームが子連れに向いている理由

  • 当たり前ですが、歌っても踊っても迷惑にならない。
  • カラオケだからといって無理に歌わなくてもいい。
  • 部屋の中で騒がしくしていても他の人の迷惑にならない。
  • 広くて居心地の良いお部屋がけっこうある。
  • 飲み物、食べ物をもってきてくれる。

 

ママ会にどうぞ!とアピールしているカラオケ店もあるくらいです。

www.pasela.co.jp

お昼ママ会 | カラオケパセラ AKIBAマルチエンターテインメント | カラオケパセラ

 

 

 

結論、大人も子供も楽しめます

たぶん約7年ぶりのカラオケでした。子供が生まれてからはカラオケに行く用事などありませんから。

 

さて子供たち。それはそれは楽しそうでした。我が子は人生初カラオケ。

今のカラオケはすごくって、幼稚園で歌っている歌もカラオケに入っていたし、アニメの主題歌や「みんなのうた」や童謡など、子供が知っている歌がたくさん入っています。真面目に、一生懸命、みんなで大きなお口で歌うんです。可愛いったらありゃしません。

 

そして、歌うだけ歌ったらカラオケに見向きもせずに遊び始めます。わいわいしゃべったり、部屋の隅っこにかたまって折り紙したり、お絵描きしたり。

お部屋から出ていかなければ目が行き届くし安心です。

 

子供たちが歌い飽きたら、いよいよお母さんたちのカラオケタイム!

幸い、ほぼ同世代の母親同士。「昔の曲でいい?」「いいわよ!」ということで、平気で昔のレパートリーを歌ってしまいました。5時間もカラオケルームに滞在。

 

それぞれ別の小学校へ進む仲良しメンバー。子供同士がこんなに仲が良くて、母親同士も良い距離感で仲良くしている、こんな関係はたぶん奇跡。小学校受験という特殊な受験をがんばって乗り越えたところなので、まるで打ち上げみたいでした。