こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

軽井沢、ビフォーアフター

困った時の軽井沢

幼稚園の3学期が始まる直前、博多から戻ってきた直後、軽井沢へ行ってきました。東京から新幹線ですぐ。手軽に旅行できる最高の場所。

 

我が家では、困った時の軽井沢です。どこか旅行したいけど、ここだと思える場所がない、とか、旅行の予約をせぬまま休みがせまってきたとか、そういう困った時の軽井沢。

 

今回の目的の一つはスキー。到着時点で軽井沢駅周辺に雪はありませんでしたが、自然の雪は降っていなくても、プリンスのスキー場は降雪機で雪を降らしてくれているから心配なし。

 

そしてアウトレット。今年になってから財布の紐が緩んでいるので、いくつかの店舗に狙いを定めて行ってきました。世間的には冬休みが終わった日程なので、アウトレットは空いていてゆったり見ることができました。平日はいいですね。

 

雪の軽井沢もいいものです

 この写真は、洋服を買おうとお店に入る前。ビフォー画像です。

 

f:id:chiyokom:20180112143441p:image

 

そしてお店に入って、洋服を買って出たら。

雪!

あらあら真っ白な雪景色!

 

f:id:chiyokom:20180112143445p:image

10分くらいでこんなになっちゃいました。

それはそれは大喜び。

 

 

 

 

手編みが増えています

子どもが身につけている手袋、マフラーと、ジャンパーの下に着ているチュニックワンピース、これらはいずれも私の手編みです。

 

さらに膝のハートのアップリケも私のお手製。ファミリアのズボンなのですが、公園で普通に遊んだだけで膝に穴が開いてしまい、ファミリアなのにもったいない!ということで、ハートのアップリケをほどこしました。

 

へたっぴな手作り品なのに「ママがつくってくれた!」と喜んで着てくれるので、作り甲斐があります。

chiyokopen.hatenablog.com

 

 

今年は勉強もせずのんびり

うっすらと雪景色の軽井沢。素敵です。

f:id:chiyokom:20180112143501j:image

 

去年、ほぼ同じ日程で軽井沢に滞在した時はこんなに降りました。

f:id:chiyokom:20180112143530j:image

小学校受験を控えていた去年の年始。幼稚園児とはいえ受験生なので、当然のように旅行先にも勉強道具を持参。宿泊先にどさっとペーパーを持って行き、夕食後にお勉強したことは良い思い出。

受験が終わって、今回の軽井沢は心も荷物も軽い!子供のスキーウェアと着替えだけ転がして行きました。

 

スキースクールに入らずママコーチ

今回は日程のおかげで、スキー場はガラガラ。そこで、今年は子供をスクールに入れず、私が必死に教えました。ガラガラなのでリフトのところでもたついてもあまり迷惑をかけずに済むし、助かりました。

 

私自身、スキーは約20年ぶりで不安だらけでしたが、滑ってみたら案外大丈夫でした。子供は人生初リフト。1本目はゴロンゴロンだったのに、ママコーチによる懇切丁寧なスパルタ指導のおかげか、3本目でボーゲンで右へ左へターンできるようになり、ほとんど転ばずに上から滑り降りてくることができました。

 

去年が我が子のスキーデビュー。

chiyokopen.hatenablog.com

 

今だから白状すると、去年は「冬といえばスキー」という季節感を体験させるための、いわゆる小学校受験対策でスキーデビューさせました。

受験は終わりましたが、子供のうちにスキーを習得できたら冬の楽しみが増えると思うので、引き続きぼちぼちスキーに連れて行こうと思います。次のスキーは1年後かな。