こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

小学校受験の記録

小学校受験のために通っていた塾から、後輩たちのためにいろいろ教えてくださいと頼まれていたのを後回しにしていたので、このあいだまとめてお返事をしました。

 

私も去年までは小学校受験を経験した先輩がたのお話をお伺いして、大いに参考にさせていただきました。いよいよ今度は情報を提供する番。

 

読み聞かせってやっぱりいいです。 

chiyokopen.hatenablog.com

 

手先の巧緻性は脳に刺激。

chiyokopen.hatenablog.com

 

 

塾から教えて欲しいと言われていた内容のうち、「家庭ではどんな風に勉強を進めたのか」というような質問があり、「えーと、どのくらい勉強してたかな」と独り言をつぶやいたら、オットが「そうとうしてたぞ」と。

 

 

 

受験勉強を始めてからというもの、子供の状況を把握するために毎日欠かさず「お勉強の記録」をつけていました。記入するだけでなく、いろいろ貼り付けたので、ぱんぱんにふくれあがったノートが何冊も。久しぶりにそのノートをどさっと引っ張り出してみました。

 

毎日の勉強時間。勉強した分野。以後の勉強計画。苦手な問題や傾向。模試の結果などなど。体験や遊びやお出かけなど勉強以外の記録も。

 

せっせとコンサートやミュージカルに連れて行ったり。 

chiyokopen.hatenablog.com

chiyokopen.hatenablog.com

 

美術館や博物館も大好きでたくさん行きました。

chiyokopen.hatenablog.com

 

chiyokopen.hatenablog.com

 

 お料理も親子の時間に最適。勉強以外でも存分に親子の時間を楽しんできました。

chiyokopen.hatenablog.com

 

 

たしかにかなり勉強していました、特に夏以降。受験準備スタート後、初めてのテストで3位をとり、調子にのって始まった受験。順調だったはずが、私の母親の闘病と最期の看取りが重なったあたりではさすがに順位を落とすことが増えました。でも日々の子供の勉強を見ていると、とてもよくできていると感じたし、教えたことを受け止めて自分のものにする力もある。ひたすら毎日淡々とお勉強を教えました。教えたというよりは、ひたすら考えさせた。母親が他界して、葬儀など落ち着き、私の心が子供の受験勉強に集中できるようになったころ、ご褒美のように模試で1位を獲得。その後も子供は絶好調。

 

私は家で「もうがんばるしかないさ〜」と忍たま乱太郎の主題歌「100%勇気」のサビばかり歌っていました。

 

私の心の支えとも言えるノート。将来子供が思春期でプイッとそっぽを向くようなことがあったら、またひっぱりだして、一人でこっそり読み返そうかな。「あのころの自分を思い出して踏ん張れ」というお守りにはなりそうな気がする。