こそあど記録中

小学生の子を持つお母さんで、音大生。育児、教育、ピアノのことなど。

【子供を賢くするおもちゃ、その3】想像力、工夫、コミュニケーション、客観性。シルバニアファミリーってすごいのね。

このあいだのクリスマス、サンタさんからのプレゼントは、シルバニアファミリーでした。子供がお願いしたものではないのですが。

 

子供自身はデパートのおもちゃ売り場にいってもシルバニアには近寄ったことがなかったので、「興味もつのかな?どうなのかな?」と子供の様子を見ていますと、これが大喜び。クリスマス以降「サンタさんがこれをくれて本当に良かった」と常々申しております。

 

サンタさんから届いたのは、「赤い屋根の大きなお家」。 

シルバニアファミリー お家 赤い屋根の大きなお家 ハ-48

シルバニアファミリー お家 赤い屋根の大きなお家 ハ-48

 

 

大きな箱で、子供は大喜び。

これはお家だけなのですが、かなりの豪邸。照明もついていて、点灯した瞬間、私も大喜び。こんな豪邸に住んでみたいわ。

子供は数日の間はこのお家だけで存分に遊んでいました。

 

すぐに「はじめてのシルバニアファミリー」を買ってあげまして、俄然、充実。

シルバニアファミリー お家 はじめてのシルバニアファミリー DH-06(2017年ver.)

シルバニアファミリー お家 はじめてのシルバニアファミリー DH-06(2017年ver.)

 

赤い屋根の大きなお家と合わせると、かなりの豪邸になります。ここまで豪邸だと、こんなお家に住みたい、というセリフしか私の口からは出てこない。

 

赤い屋根の大きなお家とはじめてのシルバニアファミリーが揃ってからは、子供なりに、手持ちのレゴを組み立てて乗り物にしてみたり、予防接種にいくとおまけでもらえる動物などの消しゴムを駆使してみたりして、シルバニアの世界をどんどん充実させていました。

子供ってファンタジーの世界に生きています。想像し、そして工夫する。

 

キャンペーンで限定のパーティーセットもいただき、自分のお年玉で赤ちゃんを買い足したりして、飽きることなく遊んでいます。

 

おかげでクリスマス以降、子供に「シルバニアで遊ぼう」と誘われて、シルバニアごっこをするようになりました。この年齢になってこんな楽しい遊びに誘われるとは。そして、こんな年齢になってシルバニアの魅力を知ることになろうとは。人生不思議なものだ。

 

f:id:chiyokom:20180127211128j:image

どんなお家にしようかなあ、と考えて配置するのは空間認知の力が育つかも!?

鳥の目といいますか、高い視点から世界を見る客観性も育ちそうです。

 

私はたいてい、お友達役。

裏声でお友達になりきっています。 

 

この日はパーティーでした。

f:id:chiyokom:20180127211141j:image

 

ショコラうさぎのうさぎちゃんになりきったり、 お友達になりきったりしておしゃべりしているうちに、コミュニケーションとか社会性も養われるのかも!?

 

人間関係の学びのために、役を与えて演じさせると良いとどこかで読んだ気がします。先生役、父親役、母親役、クラスメイト役など演じさせてなりきってセリフを言ううちに、相手の立場に立てるようになるという、そういうようなワーク。

 

それがシルバニアでできてしまう気がします。

シルバニアファミリーがこんなに素晴らしいものだったとは!

 

6歳では今更かな?と思いましたが、なんのなんの、かなり充実した遊びを展開しています。

f:id:chiyokom:20180127211148j:image

 

 

 

インテリアにしても悪くないくらい上出来なおもちゃなので、リビングにどーんとシルバニアコーナーを作りました。親子遊びの時間がまだまだ楽しいお年頃です。