こそあど記録中

小学生の子を持つお母さんで音大生。育児、教育、ピアノのことなど。

写真をデータ化して断捨離中

平成最後の断捨離で、プリント類、衣類などかなり捨てました。すっきり令和を迎えようということで。

chiyokopen.hatenablog.com

 

ところが、捨てても捨てても、奥にまだまだ何やらある。よくもまあこんなに物をためこんでいたものだと反省。まだまだ断捨離不足なところで、令和がスタート。

 

最近せっせと頑張っているのは写真、しかも私自身の写真の整理です。昭和生まれの私は、思い出は「紙の写真」で残っています。普段まったく見ないのに、捨てる気にもなれず、どさっとまとめて収納の奥に置き去り。

平成最後の断捨離で、この私の写真もすっきり断捨離したくなりました。

 

方法は簡単。写真のデータ化です。

写真をどさっとお店に持ち込んでお金を払ってデータ化してもらう方法もありますし、写真専用のスキャナーもあるようですが、私の昔の写真ですからお金をかけるほどのものでもないので、手持ちのスキャナーでデータ化を実施中。

 

 だいぶ前にAmazonで購入し、机の隅っこに追いやっていたスキャナーが役に立っています。こればかりはさっさと断捨離せずに残しておいてよかった。

EPSON A4フラットベッドスキャナー GT-S640 4800dpi CCDセンサ

EPSON A4フラットベッドスキャナー GT-S640 4800dpi CCDセンサ

 

 

無造作に写真をぽいぽいと4枚ほど並べてスキャンすると、勝手に写真と認識してくれて、1枚1枚データにしてくれます。

 

家庭の複合機にもスキャン機能はありますが、複合機よりコンパクトで、ノートPCのすぐ脇に置いて簡単にスキャンできるのが良いところ。蓋の開け閉めも軽いです。

何度も何度もスキャンを繰り返すので、蓋を開けるのにいちいち立ち上がらなきゃダメだとか、スキャンするまでに何度もクリックが必要だとか、そういう小さな面倒が響いていやになりますからね。

 

枚数が多いので時間がかかりますが、

  1. スキャンして
  2. データをクラウドに保存し
  3. スキャンした写真は捨てる。
という単純作業を何かのついでに繰り返しています。
 
これは約18年前、ロンドンに一人旅したときの写真。

f:id:chiyokom:20190512160808j:plain

 

これは、約20年前、モスクワにホームステイした時の写真。

f:id:chiyokom:20190512161102j:plain

道端で大量のスイカ的なものを売っていて、この光景にびっくりして撮ったもの。

 

約20年前の写真なのに、ずーっと収納の奥で日光を浴びずに保存していたので案外きれいなままです。データ化すると、これ以上は劣化しないというメリットもありますね。

 

「これはロンドンのどこだっけ?」「これはモスクワのどこの道端だったろう?」など細かいところは全く覚えてもいませんが、データ化してクラウドに置いておいたほうが、ときおり懐かしんで眺めるのには手軽です。

 

収納の奥に置かれたままだった荷物がすっきりし始めていて、いい気分です。