こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

【4歳の調理実習】とうとう子どもがほっぺちゃんを欲しがった。しかもチョコレートで作るって。

とうとうほっぺちゃんを欲しがった

 

子どもが「絵本屋さんで、パパに買ってもらった。」と嬉しそうに袋から出した物は、これでした。

f:id:chiyokom:20150426194910j:plain

 ほっぺちゃんのプチチョコパーティーというクッキングトイ・・・と言ってよいのか?簡単に言うとチョコ型です。

 

 

楽天とアマゾンをチェックしてみると「プチ」じゃないチョコパーティーを発見。

 

さて、このスライムみたいなキャラクターは“ほっぺちゃん”と言うらしいと、以前に子どもに本屋さんで教えたことがあります。

ほっぺちゃん誕生物語はテレビで何度か見たことがあり、ああこれのことか、と。子どもがいなければ私とはずっと接点がなかったであろうキャラクターかと思われます。

 

うちの子はチョコレートのような甘い物は好きではなく(そのように食育してる)、チョコを食べたくて欲しがったのではなく、ほっぺちゃんを作りたくてこれを欲しがったようです。 

 

さっそく作ってみました

我が家にはチョコ好きが一人もいないので、たまたま、いただきものの明治チョコのブロックが手つかずで保存してありました。というわけで、早速、子どもとお菓子作りスタート。

 

こういうチョコ型が入っています。チョコエッグができあがる水色の型と、プレート型が4種。

f:id:chiyokom:20150426194917j:plain

 

①チョコレートを削る。

f:id:chiyokom:20150426194926j:plain

 

②チョコレートを湯煎する。

f:id:chiyokom:20150426194936j:plain

 

③チョコエッグ型に溶かしたチョコを流し込み、ふたをする。

f:id:chiyokom:20150426194957j:plain

こうしてチョコがはみだすくらいがちょうどいいらしい。

 

④チョコエッグ型を冷蔵庫で冷やす。そのあいだに、プレート型をつくる。

f:id:chiyokom:20150426194948j:plain

 

⑤プレート型のチョコとチョコエッグ型のチョコがかたまったら、仕上げる。

※チョコエッグ型は完成すると中が空洞になるので、プレート型で作ったちいさなチョコを入れたりできます。説明するのが難しいけど作業は簡単。

 

 

できたー!

チョコエッグ型の完成!

f:id:chiyokom:20150426223944j:plain

この状態だとスライムにも見えます。

 

こんな感じにお飾りできます。

f:id:chiyokom:20150426223939j:plain

 

ほっぺちゃんぽくなったかしら?

 

プレート型で作ったほっぺちゃんも、溶かしたチョコを接着剤代わりにしてお飾り。

f:id:chiyokom:20150426223950j:plain

 

「自分でやる!」と言うので、だいたいの作業は子どもにさせました。が、うちの子は3歳なので、私が横にべったり付き添って作ってもこのくらいの荒い感じの仕上がり。でも本人は大満足でした。

 

「食べたい!」と言うので自分で作ったものは食べたいだろうなあとOK出しましたが、もともとチョコ好きに育てていないので1個の半分も食べられず、ほとんど冷蔵庫へ。私のコーヒーのおともになるかな。

 

ほっぺちゃんチョコパーティー

ほっぺちゃんチョコパーティー

 

 

 本屋さんでおもちゃが手に入るものだから、うちの子は本屋さんへ行くのが大好きです。絵本も大好きに育っているので、まあ良いかな。