読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こそあど記録 〜 いろいろおきらく、じっさいごくらく 〜

本業は育児。ワーキングマザーでしたが、会社を辞めて専業主婦へ。家事、育児をはじめ生活の記録

今日の夕食、カブの煮浸しはごくごく薄味で子どもに大好評。

子どもと二人の夕食でした。
主人が夕食いらないよと言うので、いっそのこと子どもと二人で外食しようかなと思いもしたけど、やっぱり家で食事。4月から始まった新しい生活には子どもなりに緊張と不安があったようで、1ヶ月が過ぎてちょっと疲れが出てきているかなという感じ。こういう時はおうちで野菜たっぷり薄味の食事をあげた方がいいと思うから。
 

 

子どもの疲れをとるためにはたくさんの睡眠で体を休ませてやりたい。早く寝かせるぞ、と心に決めて逆算すると夕食作りに時間はとれない。私自身にも疲れがたまっていて、帰宅した瞬間からキッチンでパワフルに動き回るエネルギーは残っておらず、手抜き料理となってしまいます。
 
f:id:chiyokom:20150501185429j:plain
カブの煮浸し。
トマトと豆のサラダ。
銀ダラの西京焼。
食事のあと、3種のベリーをのせたヨーグルトを出しました。
 
これ以上ないだろう、くらいの手抜き料理ですが、野菜、豆、魚とバランスはとれています。食後のヨーグルトまで含めると乳製品と果物も摂取でき、栄養バランスは合格。
 
 
①ルクルーゼに白だしを入れ、カブを切ってどさっと入れ、弱火にかけます。
f:id:chiyokom:20150501181410j:plain
 
②銀ダラの西京焼を焼き始めます。
 
③プチトマト適量を半分に切りサラダボウルに入れ、豆類も入れてドレッシング少量であえます。
f:id:chiyokom:20150501181418j:plain
今回はドライパックのコーンと大豆、冷凍の枝豆を使いました。調理時間は約1分。
 
④ここでテーブルをふいたり、食器やお箸類を並べたり、子どもと準備。そうこうすると、ルクルーゼのカブがいい具合にくたっとなっていました。
f:id:chiyokom:20150501182420j:plain
 
⑤西京焼が焼き上がり、おかず全部完成。
 
18:05に作り始めて19:00には食べ終わっていました。もともと豆好きな子なので、このサラダはもちろん大好き。さらにカブも大好評で、おいしいおいしいもっと食べたい、と嬉しくなる反応。白だしベースでほとんど味付けをしていないので安心してたーっぷりあげました。
 
食後は少しおなかを休めてからお風呂に入り、20:30には寝室へ。絵本を読んで21:00にはすやすや寝ていました。うちは子どもの寝る時間は21:00過ぎなければ良しとしています。
 
生活のリズムを守ることが最重要と考えているので手のこんだお料理はできないけど、というか超手抜き料理だけど・・・ワーキングマザーは栄養バランスで勝負するしかありません。